COMPANY OVERVIEW企業概要

企業概要

Company Overview

経営理念

第一に社員を大切にし、物・心共に幸福を追求し、痛快な職場環境を提供します。
第二に顧客を大切にし、真のニーズを理解し、顧客が求める技術価値を提供します。

技術理念

私達CCは独創的なコーティング技術を発明し、人類の科学技術の進歩に貢献します。
私達CCは顧客の技術課題克服企業となり、コーティング技術で世界一になります。

トップメッセージ

 クリエイティブコーテイングスは新潟県長岡市が発祥のコーティングに特化した研究開発型のものつくり企業です。東京と新潟を事業の中心拠点とし、海外にも積極的に事業展開を行っています。
 クリエイティブコーテイングスは顧客の技術課題の克服を使命とし、その為に世界中の多くの大学や先進的なコーティングシーズを有する企業との連携による研究開発を促進して、独創的な液相、気相コーティング技術を発明し顧客ニーズに沿ったプロセス、製品、サービスを開発提供し、それらに伴う知財を保有するものとします。
 これからも社名にある創造的なコーティング技術を生み出す為に、常に顧客の技術課題に耳を傾けて、社員の英知を集め、前人未到のコーティング技術を開発して世界の産業界に貢献していきます。

    

取締役プロフィール

 1972年 株式会社吉野家(現:株式会社吉野家ホールディングス)入社。米国留学を経て、1981年ヨシノヤウエストINC更生管財人(DIP)就任。1983年同社代表取締役社長就任。1984年ヨシノヤウエストINC 会社更生終結。1992年 株式会社吉野家ディー・アンド・シー代表取締役副社長就任。在任中には同社の人気商品である「牛丼特盛」等の開発に携わる。2001年 株式会社西洋フードシステムズ (現、西洋フード・コンパスグループ株式会社)代表取締役社長就任。2018年 同社会長職退任。2019年1月クリエイティブコーティングス入社。同年8月代表取締役社長就任、同年10月28日付で代表取締役会長就任。

    

 1992年(23歳)に有限会社プロデュースを⼀人で創業し代表取締役に就任。創業14年目の2005年(37歳)JASDAQ証券取引所(証券コード6263)に株式新規上場を果たす。2006年(38歳)経済産業省 第2回ものづくり日本大賞優秀賞受賞。2007年 新日本監査法人 EOY japan アントレプレナー・オブ・ザイヤージャパン全国大会優秀賞受賞。2008年に証券取引法違反で証券取引等監視委員会の強制調査後に株式会社プロデュースは民事再生。2019年にクリエイティブコーティングス代表取締役社長に就任し、現在に至る。事業創造大学院大学 事業創造研究科客員教授、日本⼯業大学大学院 工学研究科 博士後期課程 機械システム⼯学専攻修了。

    
     

 三菱重工勤務時に半導体向け真空成膜装置開発に携わり、2004年ベストイノベーション特別賞を獲得。それらのアイディアを基に、三菱重工と、三菱商事および日本政策投資銀行の出資で設立されたフィズケミックスに取締役・最高技術責任者として移籍。2019年に株式会社クリエイティブコーティングス取締役・最高技術責任者に就任するとともに、株式会社Cool ALD代表取締役にも就任し、現在に至る。現在、特許189件を保有し、論文32編投稿、著書5編執筆。東北大学大学院工学研究科 博士課程前期を修了後、1995年同大学より博士号授与。

Description of Business事業内容

液相・気相コーティング技術

  • コーティングプロセス開発
  • コーティングプロセス条件AI最適化
  • コーティング装置開発・製造・販売
  • コーティング材料開発・製造・販売
  • コーティングサービス受託(試作・量産)